塩を使った膝の黒ずみ解消方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
膝の黒ずみを何とかしたい

膝の黒ずみを何とかしたい・・・という方も多いでしょう。
膝が黒ずんでいると、どうしても老けた膝の印象になります。

若くても膝をつく行為や乾燥などによって、膝が黒ずんでしまうケースも少なくありません。

乾燥など
黒ずみは放置していると、どんどん悪化してしまいがちなので、膝の黒ずみに気が付いたら早めにケアを行いましょう。

色々なケア方法がありますが、手軽でおすすめなのが、塩を使ったケア方法です。

塩を使ったケア方法
塩は適度にツブツブ感があるので、ピーリング作用があります。
古い角質を取り除く効果も期待でき、膝の黒ずみ解消に有効です。

方法も簡単で、まず石鹸を泡立てます。

石鹸を泡立てます。
この時、たっぷりと泡立てるのがコツです。
泡を十分に泡立てないと、クッション性が失われてしまい、皮膚を擦ってしまう原因となります。
泡立てた泡に塩を一つまみいれ、膝をあらいます。
たったこれだけのケアですが、塩によってメラニン色素を含んだ古い角質が取れ、黒ずみを解消する効果が期待できるのです。

ただし、より黒ずみを取ろうとして、ゴシゴシと洗ってしまうと皮膚に負担がかかり、
黒ずみができる原因となります。
逆効果になってしまうので、優しく洗いましょう。
また、塩を購入際はできるだけ、粒子の細かい商品を選ぶ事がおすすめです。
粗塩など粒子の大きい塩の場合、塩によって皮膚に傷がついてしまう恐れがあります。

ケアをした後は化粧水やクリームなどで、しっかり保湿する事も重要なポイントです。

膝の黒ずみをとる方法ランキングTOPへ