膝の黒ずみケアを自宅でリーズナブルに行う方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
今ではミニスカートばかりはいています。

近年、家庭用脱毛器の急速な普及で自宅で気軽に脇のムダ毛処理を行う人が増えてますが、脱毛後の間違ったスキンケアで脇の黒ずみを誘発させてしまう悩みが最近よく聞かれます。

脇の黒ずみは、些細な刺激を受けやすい角質に柔軟性が無くなり、

新しい皮膚の再生を促す新陳代謝が鈍ってしまう事で起こります。

ターンオーバー
つまり黒ずみが起こるという事は、ターンオーバーが正常に行われていない証拠になるので、直ちに皮膚の代謝機能を高める必要があります。
肌の代謝能力を高めるには古い角質を剥がす効果があるピーリングが最適です。刺激のあるジェルや石鹸をわざわざ使わなくても、肌に対して優しい手入れ方法があります。

1.クエン酸を使って黒ずみを解消する方法

クエン酸
その方法とは、約100ミリの水にクエン酸を僅かスプーン1杯を入れて出来上がるクエン酸水を塗布するという方法です。脇に約5〜10分間パッティングする事で黒ずみ改善が期待できます。
ただこのクエン酸水を使った黒ずみ改善法は、脱毛後直ぐのデリケートな肌には逆に負担を掛けてしまう恐れがあります。なるべく脱毛して2,3日後に実践するのがオススメで、1週間に1回のペースで行うのが理想的です。

2.豆乳ローションを使って黒ずみを解消する方法

豆乳ローション
脇毛が濃くて黒ずみが絶えないという悩みのある人は、豆乳ローションを使うことをオススメします。女性ホルモンを増やす効果のある豆乳ローションを脇に塗って抑毛効果を上げる事で、生えてくるムダ毛を幾分少なくする事もできます。
ムダ毛が減るという事は、皮膚の代謝機能を高めるのに有利な環境になり、皮脂やメラニンで毛穴も汚れにくくなります、豆乳ローションの利用も脇の黒ずみの悩みには有効な手段の一つです。
このようにクエン酸水や豆乳ローションでの脇の黒ずみ対策は、自宅にいながら最も経済的にケアできる方法なので、皮膚科や脱毛サロンに頼る前に一度試してみる価値はあると思います。

膝の黒ずみをとる方法ランキングTOPへ